• Home
  • » お知らせ » V2H(Vehicle to Home) EV用パワーコンディショナ!!

V2H(Vehicle to Home) EV用パワーコンディショナ!!


pct_mv

V2H(Vehicle to Home)

停まっている車に、大きな価値を

「車は移動するときだけに使うもの」そんな常識が「V2H」でかわりました。

「V2H」とは「Vehicle to Home」の略で、車に蓄えた電気を家で使う仕組みのことです。

これからは、停まっている車も使う時代

EV(電気自動車)、PHEV(プラグインハイブリッド)と「V2H」で暮らしを豊かに広げてみませんか。

index_pic01

 

 

V2Hのメリット

・車が非常用電源に!もしもの時でも安心!

停電や災害などで電力供給が寸断されてしまった時でも、

駆動用バッテリーから電気を取り出して家の電力に使えるので安心です。

停電しても車に貯めた電気が生活をバックアップします。

太陽が照っていれば、停電中でも太陽光発電から電気自動車への再充電が

出来るので安心です。家庭内のコンセントでいつもの家電製品(最大約6kVAの電気)を

使うことができます。

・大容量家電を同時に使えるという心強さ

エアコン、お風呂、調理機器などが同時に使えるので、例えば停電時でも

いつも通りの生活を送ることができます。

一般的な家庭用蓄電池では、あらかじめ設定しておいた特定回路のコンセントしか

使うことができません。停電という非常事態を想定してコンセントや家電製品を

決めるのは難しいものです。

一方、V2Hは住宅の分電盤に接続するため、家庭内の通常コンセントでいつもと

同じ家電製品を使用することが出来る安心感があります。

・自然エネルギーの有効活用

太陽光パネルで発電した電力のうち、家庭内で利用しない分を車のバッテリーに

貯めておくことで、必要な時に自然エネルギーを自宅用の電力や車の動力として

無駄なく利用し、エコな暮らしを実現します。

・車の充電時間を大幅に短く

V2H機器を使った充電は、普通充電ケーブルを使った充電にくらべ

充電時間が大幅に短縮されます。

pic_main

 

V2Hと太陽光発電を組み合わせるメリット

V2HはハウスメーカーのCMや自動車メーカーのCM等、色々な文脈で語られる事がありますが

その位置付けや今後の動向を考える場合、V2H単独で捉えるよりも「家を中心として、太陽光発電やHEMS等

その他の要素と合わせて捉えた方が理解しやすいでしょう。

「家」を中心に考えると、今後向かっていく方向性はZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)です。

ZEHとは、家庭で消費するエネルギーと太陽光発電等で発電した創エネルギーとがほぼ相殺される

住宅をさしますが、政府は2030年までに新築住宅の平均でこのZEHを実現することを目標に掲げ

導入を推進しています。

こういった流れを受け、住宅やその関連業界も将来のZEHを見据えた商品開発を進めています。

1、災害時の安心感のメリット

大規模災害が発生し、電力会社からの電力供給が止まったケースを考えます。

EVを蓄電池として単独で活用する場合、その時点でEVに貯まっている電気を家庭内へ送り

照明や空調、携帯電話の充電等に使うことができます。

太陽光発電とV2Hを連携させると、災害時でも昼間に太陽光で発電できます。

余った電気を大容量のEVに貯めておけば、発電しない夜間の電力も賄う事ができます。

創エネと蓄エネがセットになることで、より災害時の安心感が増します。

2、経済性のメリット

日中、太陽光発電で発電し余った電気を電力会社に売電します。

 

 

三菱電機 EV用パワーコンディショナ SMART V2H

https://www.mitsubishielectric.co.jp/home/smartv2h/product/index.html

 


rss2.0 facebook

Copyright© 2019. All Rights Reserved.