余剰電力買取制度

余剰電力買取制度

太陽光発電の普及を後押ししている制度の一つです。家庭で使いきれなかった太陽光発電で発電された電力の買取を、電力会社に一定の価格で買い取ることを定めています。

年度によって1キロワットあたりの買い取り価格の改定がなされ、10年間その価格で買取がされていきます。10年経過後の買取価格については、各電力会社との個別の契約になります。

(買取価格=売電価格)

rss2.0 facebook

Copyright© 2019. All Rights Reserved.