片流れ屋根

片流れ屋根

名前のとおり、片方へ屋根が傾斜している屋根のことを指します。

南向きが最も太陽光発電には効率が良いとされていますが、北向きであることが多いため、この形状は発電には向いていないとされています。

発電量だけなら、他のタイプの屋根が良いですが、導入コストや売電のバランスを見て導入を検討されることをお勧めします。

rss2.0 facebook

Copyright© 2019. All Rights Reserved.