固定価格買取制度

固定価格買取制度

固定価格買取制度(こていかかくかいとりせいど)とは、太陽光発電をはじめとした、自然エネルギーの普及および技術開発を促進する支援策のひとつです。

対象となる自然エネルギー発電設備を導入した後、一定期間の売電価格を保証する制度となっています。

別名フィードインタリフともよばれています。この制度を導入したドイツでは、電力会社の販売価格の4~5倍の料金で買い取る制度をはじめたところ、低リスクの投資として太陽光発電が一気に普及し、累積導入量で世界第一位となりました。

固定価格買取制度には、発電した電力全て買い取る「全量買取制度」と、自家消費分を上回った余剰電力のみを買い取る「余剰電力買取制度」があります。

rss2.0 facebook

Copyright© 2019. All Rights Reserved.