アンカー方式

アンカー方式

アンカー方式(あんかーほうしき)とは、太陽光発電システムの施工方法の一種です。垂木や野地板にねじを使って、アンカーと呼ばれる支持金具を固定し、固定された支持金具にフレームを構成して太陽電池モジュールを設置する施工方法のことをいいます.

スレート屋根や瓦屋根など幅広い屋根材に対応できる一般的な施工方法です。

屋根材に直接穴をあける工法ではありますが、バックアップ材の使用や、シーリング剤などの施工手順についてメーカーが細かく定めており、基準通りに施工を実施すれば雨漏りのリスクを予防することが可能となっています。

rss2.0 facebook

Copyright© 2019. All Rights Reserved.